今日のトッピクス

2013年10月15日(火)晴
目白台図書館様 「タブレット利用体験教室」その3
先週末の12日(土)は目白台図書館行き。9:10 地下鉄有楽町線の「護国寺」で6名集合。「講談社本社」の前を通り過ぎ右折、上り坂。「大塚警察(プレハブ仮住い)」を右に見ながらシニアにはちょっときつい坂を上りました。会場に着いた時は一汗かいたので室内がとても暑く感じました。温度計は26.6℃。
午後の部が終わりあとかたずけしして外に出ると真夏の暑さ。

9:30。準備中。
いろいろなところで開催していますが今回は最高の部類の対応。それもそのはず指定管理者さんですから気配りが違います。
プロジェクターのセットからiPadの宅配便の発送まですっかりスタッフさんにお世話になりました。午前とお昼のお茶までご準備。
感心したのは図書館の若いスタッフの方が受講。午前は女性 午後は男性。女性の方におたずねしました。「iPadお持ちですか?」「いいえ」。それでいて受講中はさりげなくお隣をサポート。午後も女性にサポートいただきました。
一緒に成功させるというお気持ちがひしひしと伝わります。
いろいろと有難うございました。

「若!館内でござる!」
ユーモアあふれるポスターをトイレで見かけました。
「飲食禁止」の呼びかけです。

2013年10月14日(月)晴
文京区目白台図書館様の「タブレット利用体験教室」その2
「島」三つ。3人掛け。5人掛けが3組。定員15名にプラスアルファ3名で18名のお席を用意。ご出席は17名で予定通り。男性5名、女性12名。圧倒的に女性上位。
図書館長様の開会のご挨拶の中で、「図書館法17条」で図書館での催しは料金を徴収するイベントはできない。文京区のふれあいサロンでのiPad講座と異なり無料。「図書館法17条」知りませんでした。

午後は16名。男性5名。女性9名。午前の部が無線環境のせいで難航(マップがなかなか出てこない人多数)。電子書籍で「iBooks(無料)」を使って森鴎外の「雁(がん)」を購入。思わず時間を食い、終了予定12:00を(お許しを得て)10分延長。
午後の部では軌道修正しピタリと定刻15:00で終了。
?@無線環境が悪い時は理由を説明しお隣同士で使用してもらいました。(お二人で1台のiPad=間引き)
?A午後はApple Storeからブックを購入しないで(午前で購入した本を使用)、すぐ本棚の本の読み方に入りました。

☆今回も荒木高子研究員さんの工夫がありました。写真の小道具をご用意。
・実際の本に手製のカバーを2枚つけ(中身は別物)本をお見せしながら、「本は両手でめくらなけれがなりません」と。
・分からない言葉は「国語の辞書」で引きます。(1枚目のカバーを外し、2枚目のカバー(「国語の辞書」をお見せします)
・「栞」をご用意
・フォントが小さすぎると、天眼鏡(=虫眼鏡 死語ですかね?講師の中にも知らない講師も)で見なければいけません
・サイドライン用の鉛筆もご用意
iPadでは指先の「フリック」でめくり。「ピンチアウト/ピンチイン」で拡大/縮小。などとご説明。皆さんウンウンと納得のうなずき。
山根は「講師はエンターテナー」と思っています。予備校の名物講師が面白くない大学受験勉強を面白く楽しくするためにはいろいろな準備と工夫をしています。

2013年10月13日(日)晴
文京区目白台図書館様の「タブレット利用体験教室」
昨日は文京区目白台図書館様の「タブレット利用体験教室」。
9:30 図書館に到着。
目についたのは入り口横の掲示板のポスターです。
「タブレット利用体験教室」の「本日開催」と「満員御礼」。
今回はどんな内容にするのかに悩みました。それだけに企画の的中がとてもうれしかったです。

図書館様のご要望は、「電子書籍」と「動画作成」。テキストは何度も検討し、実際の講座で模擬講座を行いました。
・電子書籍⇒「iBooks(Apple社の無料アプリ)」を使って、
「電子書籍」の購入方法を学び⇒購入した本の閲覧を丁寧に行いました
・動画作成⇒「iMovie(Apple社の有料アプリ)」を使って、動画を講師がお見せしました 
☆時間が十分あれば受講者の皆さんに作成していただきたかったのですが今回は「動画作成」のご紹介にとどめました。皆さん一様にビックリされてホーと感動の溜息が漏れました。
※明日は講座の様子をお伝えします。

2013年10月12日(土)晴れのち曇り
日本橋問屋街キンドル無料体験教室
一昨日のNTT東日本様のキンドル無料体験教室は東京都中央区日本橋横山町の問屋街のど真ん中。
会場の奉仕会館はどうやら問屋街の事務局の機能を持ち、3階が事務所で、4階が会議室&展示場。5階がホテルのようです。
通りのそれぞれのお店には「一般客お断り」の張り紙が目立ちます。

開始30分前。
会場は会議室兼展示所のような作りです。
NTT東日本様のスタッフの皆さんが無線やキンドルの設定をされています。
無料体験教室前のミーティング。
右側の男性は石塚 完研究員さん。
その左側の女性(メガネ)は小田 みどり研究員さん。その左(黒いカーデガン)は加山 ツヤ子研究員さん。一番左は松本 三恵子研究員さん。皆さん真剣な面持ち。
心配していた石塚さんののど(風邪)も大丈夫でした。
最悪 案内役交代を考えていましたのでほっと一安心。
いよいよ始まりました。
14:00〜15:30。予定20名のところ受講者は11名。(プラス関係者様4名)
男性7名、女性4名。
事務局を代表してご挨拶がありました。
その中に「横山町問屋街の生き残りと活性化」についての言及がありました。今回の勉強会もその一環であると…。
いつもの一般のシニア向けと真剣さがちょっと違いました。5

2013年10月11日(金)曇りのち晴れ
iPadの整備完了
一昨日の水曜日はiPadの出荷準備。
・10月12日(土)文京区目白台図書館タブレット利用体験教室 午前午後 17名と18名。
☆打合せ勉強会を16:00に終えてからの作業。
・充電&点検
・目白台図書館用の動画アプリ(iMovie)のインストール&確認
☆作業が終わりました。写真の時計は17:10。
これから梱包して宅配便のお店まで持参。
目白台図書館持ち込み品の明細は下記です。
?@iPad 21台
?AWi-Fiルーター 3台
?BApple TV 1台
?C電源コード 21組
?Dタップ 2本
☆小川真理子研究員さん、「2個口なので往復6,000円かかるのですが…。」と心配して来られました。「掛かるものはしゃあ―ない…。」と山根。
むかしは手分けして現場まで搬入搬出していました。iPadが10台以上になるとJRや地下鉄の階段の上り下りが結構大変です。一昨年ごろからお金で解決しています。(宅配便、片道@1,500円/個)

2013年10月10日(木) 曇り時々晴れ
NTT東日本様のキンドル無料体験教室
今日は少し趣向が変わって日本橋横山町の問屋街でのキンドル無料講習会。NTT東日本様のお手伝い。
・日時:10月10日(木)14:00〜16:00
・会場:東京都中央区日本橋横山町奉仕会
・定員:20名
・講師:3名
☆NTT東日本様も今までのようなお客様を「ショウ―ルームでの待受け」のスタイルから「出張出前」に少し方針を変えられました。
来週の日曜日19日にも都内某大学OBの同窓会でキンドル無料講習会。「三鷹タブレット研究会」は両日ともにお手伝い。
「魚のいないところに釣糸を垂れても魚は釣れません」「魚のいるところに移動しなければ…」ですよね。お客様を魚に例えてごめんなさい!

2013年10月9日(水)曇り時々晴れ
第35期シニア情報生活アドバイザー養成講座
第35期シニア情報生活アドバイザー養成講座が来月の11月3日(日曜日・文化の日)からはじまります。
最近はパソコンからタブレットにトレンドが変わったせいもあり人集めが大変です。前回の第34期は6月15日〜7月6日に行いました。4名でスタートし日程的にご都合がつかない方が1名受検できませんでした。
その方が再受験になります。チラシを印刷して配布します。さあー今日から受講者の獲得に励みます。

☆前回は毎週土曜日でした。今回は月二回の土曜日にNHK学園くにたち定期講座とバッティング。
そのために今回は開催日が毎週日曜日です。何名獲得できるか…。頑張らなくちゃー。

2013年10月8日(火)  曇り時々晴れ
某企業様のヒヤリング
今日は午前11:00から某企業のヒヤリング。そのために準備したパワーポイントです。最近はヒヤリングに際して事前に当方の「最近の活動と今後の予定」をまとめて、パワーポイントで8ページ程度をPDFにしてiPadでお見せしています。ペーパーレスです。

ヒヤリングが今後どんな展開になるのかわくわくしています。

☆一昨日の日曜日の午後親しい友人と懇談しました。話題がパソコンやタブレットになりました。その方曰く、

・むかしむかしのNECの98シリーズが売れに売れた時代。秋葉原に行けばパソコンの使い方を教えてくれた。

・やはりシニアには教えてくれるところや人が必要。

・iPadは発売以来3年以上も経ち、かなり普及したので周囲に教えてくれる人がいる。またiPadは買うのには高いがApple Storeに行けば無料で教えてくれる講座がある。

・だから最近は有料のiPad講座に人が少ないのでは…。

・その点ではほかの機種は教えてくれる所が皆無。例えばNexus。

☆言われてみるとなるほどと納得。友人との懇談大事です。気づきがあります。

2013年10月7日(月) 曇り時々晴
浅田次郎氏の「一刀斎夢録」
一昨日はNHK学園くにたちの初回が無事に終了。
…で、積読していた浅田次郎氏の「一刀斎夢禄」(上下)2冊の読み残していたものを昨日の明け方までかけて読了。おかげで、昨日は午前中まで熟睡。 ブログもFacebookも午後に掲載というていたらく。
浅田版新選組三部作(「壬生義士伝」、「輪違屋糸里」、「一刀斎夢禄」)の  掉尾を飾る本作も、大いに楽しみました。主人公は最強と謳われ怖れられた、新選組三番隊長斎藤一。一刀斎という名は斎藤一が警視庁に勤務していた頃の綽名で、斎藤一を逆読み。明治を経、大正の世まで生き延びた“一刀斎”が近衛師団の若き中尉に夜ごと語る、幕末維新から西南戦争までの激動の歴史、新選組の辿った運命、剣の奥義を自らの生死の哲学を語り聞かせる体裁で展開。
一刀斎のはじめの語りは、坂本龍馬暗殺事件の真相。そして「人間はたかが糞袋にすぎぬ」という独自の人間観を持つ一刀斎が体験した幕末維新模様、一刀斎のかかわり。

今回もよい勉強をさせてもらいました。感謝です。

2013年10月6日(日)曇り
NHK学園くにたち定期講座第1回目開始
昨日の土曜日 NHK学園くにたち定期講座〜ゆっくり楽しく学ぶ〜「はじめてのiPad」の第1回講座でした。

あいにくの雨の中14名の受講者様がお越しです。男性1名のみ、13名は女性。

☆久々です。こんなに受講者の多い講座風景。多いのはいいですね。

☆案内役は荒木高子研究員さん。左の立っている女性は小川真理子研究員さん。

☆付箋にご注目ください。4つの主なボタンに受講生に付箋を貼っていただきます。
・ホームボタン

・オン/オフスリープ/スリープ解除

・ミュート/ディスプレイ回転ロック

・音量調節大/小

荒木高子研究員さんのアイデアです。これならまごつきません。

・文字入力、音声入力を楽しんでいただきました

・ある受講生の声。「文字入力って、携帯電話と同じ要領ですね。…」

・メモ帳に記入した住所の地図に飛ぶのにはビックリしてお喜び
・Siriとの会話(iPadとの会話)にも皆さん驚いておられました


☆右側の立っている女性は生田美子研究員さん。左の立っている女性は加山ツヤ子研究員さん。


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >

- Topics Board -